No.1 不安な気持ちになったとき

 人はどうして不安を感じるのでしょうか?

それは『何が起こるかわからないから』です。


明日は雨が降るかも……。こう言ったら主人が怒るかも……。友達に冷たくされるかも……。


 そんな時は、まずあなたの周りを厚さ10センチくらいの層が覆っているのをイメージしてください。
そして、その中ではすべてがあなたの『思いのまま』になると思って下さい。

いまイメージしたあなたの周囲10センチの層の中では、すべてがあなたの考える通りに進んでいくのです。

 そう、その中はあなたにとって予想外の事が起こらない『確実な空間』。


そして、不安に感じる事は何一つとして存在しません。あとはその空間を少しずつ大きくしていきましょう。
最終的に『前へならえ』のように手を伸ばした範囲にまで広がっていると想像してみるのです。


 この距離は、あなたの意に添わない人が入ってくることはなかなかありません。
ですからこの層はあなたをロックして守ってくれる岩のように硬い衣服と思って下さい。

 その空間に守られているだけで、気持ちが安らぐのに気が付きますから……。

・無料メールセミナー登録

名前

メールアドレス

・小冊子プレゼント

『儲かる工務店のニュースレター作成術』

見込み客を効率よくランクアップさせる方法や紹介注文につなげるニュースレターの作り方などがわかる小冊子です。